温めなおした春巻きは水道水と共に

「幸せ」は好き?嫌い?さまざま意見があるかもしれないけど、必ずしも悪いものではない気がする、「カレ」は。そう思ったりしない?

汗をたらして自転車をこぐ友人と紅葉の山

今のようにインターネットが普及することは、小学生だった自分には全く分からなかった。
物を扱う店はこれから競争が激化するのではないかと思う。
インターネットを使用し、なるべく価格の低い物を探すことができるから。
レースが進んだところでこのごろよく目立つようになったのが成功のためのセミナーや情報商材だ。
最近、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかよくわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

雲が多い仏滅の午前は昔を思い出す
明日香は、短大に入ってすぐに親しくなった友達だ。
彼女の長所は、たいていの事は見逃すし、小さなことは、気にもしていないところ。
私が仲良くなろうと話かけたそうだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
一緒にいると、すべてが単純化されるので、凄く安心する。
細身でスキニーなのに夜中にハンバーガーを食べに行ったりするらしい。

汗をたらして叫ぶ彼と公園の噴水

夏休みが半分ほど過ぎた頃の日暮れ前。
「カンケリ」で鬼になってしまった少年は、ものすごくお腹を空かしていた。
捕まえても捕まえても、缶をけられてみんなが脱走するので、もう今日の缶蹴りは終わらないんじゃないかとうなだれていた。
クタクタに遊び疲れて家に帰ると、玄関を開ける前に、今日の晩御飯が何かわかった。
とてもうまそうなカレーの香りに、少年は胸が高鳴った。

風の強い金曜の昼は目を閉じて
意識しなかったけれど、スポーツも多少でも取り組まなくてはと今日この頃思う。
職務が違くなったからか、近頃、走ることがたいそう少なくなり、体脂肪がとっても上がった。
それから、30歳になったのも関係しているかもしれないが、おなかにぶよぶよと脂肪がついていて、非常に見苦しい。
少しは、頑張らないと。

湿気の多い祝日の夕暮れは料理を

業務のために何枚かスーツに合うシャツを購入しているけれど、大体決める時に何枚も着てみる。
それくらい、かたちにこだわってしまうのもレアかと思っていた。
そんな時に、昨日、ワイシャツは特注でという方がいたので、驚いた。
もちろん、Yシャツひとつでスタイルが良く見えるし、悪くないかも、と思った。

具合悪そうに体操する妹と失くしたストラップ
少年は、今日は学校の給食係だった。
帽子とマスクを着け、白い割烹着を着て、他の給食当番のみんなと、給食を給食室に取りにいった。
今日の主食は、お米ではなくパン。
バケツのようにフタつきの大きな鍋に入ったスープなんかも。
少年は、一番重たい瓶入り牛乳は、男子が持たないといけない、と考えていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
なので自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい牛乳を女子には運ばせたくなかったけれど、クラスでのアイドル・フーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年は少しドキドキしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を持つことにした。

汗をたらしてお喋りする兄さんと季節はずれの雪

5年前から、鹿児島に住むようになって大型台風をとっても気にするようになった。
風の強さが全く違うからだ。
九州北部に住んでいたことも神奈川に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の強さが全く違う。
サッカーのゴールポストが動いていくと話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、現実だった。
大型台風が通過した後は、高いヤシや大木は道路に倒れ、海辺の道路は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの家では、車のサイドミラーが割れたり、家のガラスが割れ、風が入って天井が壊れたりと本当かと思っていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風はものすごく強く、古い家に住んでいると家の揺れてきしむ音がとっても心配してしまう。

息もつかさず泳ぐ子供と読みかけの本
盆でも里から外れていたらとたまにしか認識することがないが、せめて、お供え物くらいはと考え生まれた家へ届けた。
家元に暮らしていたら、香を手にして祖先の出迎えに向かって、盆の最後に送り届けにおもむくのだが、離れて暮らしているので、そう行動することもない。
近隣の人は、香をつかみ墓前に出向いている。
そういう姿が見える。
いつもより墓所の前の道路には様々な車が停車していて、人もすごく多く見える。

笑顔で熱弁するあなたと擦り切れたミサンガ

一人旅でも仕事でも、韓国への渡航回数が多い。
なじみがあるのは、港町釜山。
観光ももちろんだが、女性だったらスキンケア商品やネイルなど興味を持っている方も多いようだ。
韓国人は見かけへのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての熱は素晴らしいといわれる。
面接や、結婚の際に、日本よりも露骨に判断する場合が多々あるとか。
という事で、韓国基礎化粧品は、成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
なので、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待してしまう。

雨が上がった祝日の午前は窓から
家の前の庭でハンモックに揺られ、心地良いそよ風に身を任せていた、休日の夕方の事。
空には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、自分ちの猫が「ギャオォッ!」と吠える声に驚き、ハンモックからドテッと落ちてしまった。
よく見てみると、猫はヘビに相対し、背中の毛をおっ立てて唸りながら威嚇していた。
ヘビはあまり大きいものではなく、毒も持っていないっぽかったので、少年は小枝で追い払い、ネコを抱いてまたハンモックに横になった。少年は、猫の頭をなでてやりながらお腹の上で寝かしつけ、ゆるやかにハンモックの上でゆれていた。

xn--o9j987hwdn7jd9ca290cszhj4t3znpt8e09gwpvca023mpzj.com
闇金トラブルに苦しむ人は、いつ終わるか知れない状況に希望が見出せずにいます。闇金トラブルのことなら、コチラで無料相談してみませんか?
Copyright (c) 2015 温めなおした春巻きは水道水と共に All rights reserved.

サイトメニュー