温めなおした春巻きは水道水と共に

あなたが考えている「トルネード」と、多くの人が感じている「スパゲッティ」は、もしかするとまるっきり違うのかも。そう思うと、なんだか変な感じだね。

どしゃ降りの火曜の夕方にビールを

山梨県甲府市は果物の国と言われるくらい、果物の生産が盛んだ。
日本でもなかなか無い海のない県で背の高い山に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、稲作も全然盛んではない。
なので、甲斐を治めたあの柳沢吉保がフルーツ生産を提案したのだ。
江戸よりも優れている何かが欲しかったんだと思う。
甲府盆地の水はけのよさと、山国ならではの昼夜の温度の差は美味しい果物を実らせる。

笑顔で跳ねる家族と暑い日差し
ちかちゃんの彼氏であるSさんの働く物産会社で、定期的に梅干しを買っている。
酔っぱらうと電話をくれるSさんの可愛い社員のEくんという若者は、まったくトークがかみ合わない。
酔ってないときのE君は、結構な人見知りらしく、そこまでたくさん話してくれない。
したがって、私はEくんと満足いくくらい話をしたことがない。

湿気の多い日曜の夜はシャワーを

少年は夜中の三時に眠りから覚めてしまった。
夏休みに入って二週間程度たった夏の夜だった。
暑さと湿気で寝苦しく、目が覚めてしまったのだ。
扇風機は部屋の空気をかき混ぜているだけで、全く涼しさを感じない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作り始めた。
冷蔵庫の中を確認し、肉と野菜のしたくを整え、調理を始めた。
夜明け前には、家中にとても美味しそうなカレーのいい香りが広がっていた。

気分良く大声を出すあいつとアスファルトの匂い
最近、わが子が公園で遊びたがらない。
日差しが強いからだろうか、おもちゃが非常に増えたからか。
多少前までは、すごく運動場に出かけたがっていたのに、近頃は、あまり遊びに行きたがらない。
考えるに、父から見て、今のところ困ることもないので、気にしてはいないがですが妻はちょっとは困っている。
けれど、暑すぎる場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

よく晴れた水曜の夕方にこっそりと

夜中、眠れないことがあれば、DVDをゆっくり見るのが楽しみ。
昨夜見た映画は、「エスター」というタイトルのアメリカの映画だった。
話の中心の、エスターと言う子はブライトだけれど少し変わった9歳の子供。
エンドには予想もつかない結果が待ち構えている。
それは見る中盤で、隠された事実が理解できる人がいるか疑問なくらい予想外の真実。
というのは、ビクッとさせるのではなく、ただただある種のホラー映画のような結果だった。
ストーリーは、眠れない私の夜の時間を満足させてくれる。
と言っても、絶対お酒そろっているので、体重が増えてしまうのが恐ろしい。

月が見える休日の夕方は足を伸ばして
私の師匠が一昨日明け方から釣りに行ったらしいが、ちょっとしか釣れなかったらしい。
小魚がいっぱいで、フカセ釣りがしにくかったらしい。
だけど外道だがイノコの50cmサイズがあげれたらしいから、いいなと思う。
いつだったか、わけてもらってすぐに口に入れたが非常にうまくって好みだった。
そんなのがいいのがあがったと話を聞いたら興奮して早く行きたくなるが、今すぐというわけにはいかないので今度だ。

天気の良い月曜の昼はひっそりと

ひえしょうにかかってからは、いささかヘビーだけれど、どう考えても真冬がマストだ。
家の空気が乾燥しているので、カラリとした香り、プラス、ストーブの温もり。
寒い時期の陽の光って華美な気になるし、レフを持って、早朝の浜辺もいい感じ。
季節を撮りたかったら、一眼もGOODだけれどトイカメでめちゃくちゃシャッターに収めるのが絶対かっこいい写真が手に入る。

泣きながら話す君と壊れた自動販売機
知佳子はAさんの事が大好きなのだろう。
Aさんも知佳子の事を可愛いと思っている。
Aさんが出張の時は、知佳子も必ず一緒だし、今回は私も一泊だけ一緒に行った。
Aさんも知佳子も私の事を同じ名前で呼びかけるし、何をするにも、二人して、私に問いかけてくれる。
なぜか目をかけてくれているような感じがしてとっても雰囲気がよかった。

喜んでダンスする姉妹とオレ

水滸伝の北方版の人間くさく男らしいキャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主な人物が108人でてくるが、敵方、権力側のキャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
人物に実際の人の様なもろさが見えるのも加えて、魅了されていた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為に出来る限り腐心しているのが精読していて楽しい。
読破していて楽しい。
しかしながら、魅了される人物がひどいめにあったり、夢がなくなっていくストーリーも胸にひびくものがあるからはまる物語だ。

ひんやりした平日の夜明けは料理を
子供がマルモダンスをおどっている。
私と妻は教えていないけれど、3歳だけれど頑張ってまねしている。
映像の中でマルモダンスの音が流れると、録画した映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
保存した映像を見せるとエンドレスでずーっと休むことなく見続けている。
親だから、テレビを見ているよりは本を見たり、おもちゃで体を使って遊んだりするほうが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今だからこそいっしょに遊んでおくのも私の為でもある。

Copyright (c) 2015 温めなおした春巻きは水道水と共に All rights reserved.

サイトメニュー